このページはISDN等比較的遅い回線用として作っていますのでコンテンツは最小限にとどめています。
光等の高速回線の方はこちらをどうぞ。

宮崎市芳士のN邸

お客様の許可を頂き掲載したしております
                   
塗装前の正面 車で5分というご近所のN邸です。平成3年に頂いたお電話がきっかけで塗装させて頂きました。
それから10年位経ったころ、強引なセールスにより塗り替えをしたと言う事です。
これは今 (平成22年 ) の状態です。

塗装前の状態

東側破風 南側雨戸戸袋
東側破風 南側雨戸戸袋

玄関横明り取り周辺 西側破風と壁
玄関横明り取り周辺 西側破風と壁

目を覆いたくなる様な惨状ですね。何人がかりかわかりませんが、3日もかからなかったということです。おそらく、水洗いせず簡単なケレンで、しかも下塗りがしてありませんでした。
ここまで傷んでいると、長持ちさせるにはただ1つ、完全ケレンしかないです。

ケレン開始

ケレンの後パテ入れ ケレンの後パテ入れ 玄関そばのケレン途中
格子を外して枠も壁も水切りトタン(赤い錆止め)も完全ケレン。 釘の頭には錆止め。くりぬいた節の所にはウレタンパテ2回 玄関。正面の壁に見える黒っぽい点々は節をくりぬいた跡。次にサンダーでケレンします。このケレン工程は3つです。

ケレン終了 ケレン終了です。板壁の節はくりぬいてウレタンパテを入れています。乾燥後再度パテを入れサンダーで平滑にならします。これで塗装に入ります。
破風はラワン材ですので節はありません。破風の左に水腐れ部分がありましたので補修の途中です。

塗装

東側破風完成 南側雨戸戸袋他完成
東側破風
テレビアンテナ架台等取り外し、釘穴はパテ埋め。破風の水腐れが幅15センチ長さ1.2メートルにわたってありましたが補修。下塗り1回上塗り3回 ( 二液ウレタン樹脂塗料 )全てハケ塗り
南側雨戸戸袋の鏡板。
塗装は同左
玄関横明り取り周辺完成 西側破風と壁完成
玄関横明り取り周辺
外した格子は廃棄。杉材で作り直し下塗り1回上塗り1回の後取り付け、仕上げ塗り。赤い部分は水切りトタン。
西側破風と壁。
漆喰と壁の間の水切りトタンは水切りとは別色で仕上げる。

玄関柱


めくれた塗膜 塗膜が激しくめくれあがっています
上の写真は宮崎市のN邸の玄関柱と袖です。ここまでなるには幾つもの原因があります。このめくれた塗膜をきれいに完全に剥ぎ取ってしまうのは無理です。
完全に磨くため格子は取り外します。 三つの工程を経てツルツルになります。
完成。柱は3回塗り、袖は2回塗りです。 完成です。
新たに作った格子は前もってキシラデコールを1回塗っておきます。取り付け後袖部分はもう1回、柱はもう2回塗ります。
玄関ドアは懇意にしている建具屋さんに作ってもらいました。


仕事のエリア   宮崎市及び周辺市町村
宮崎県宮崎市村角町北田82-1-201-14
蓮ヶ池塗装  嘉田隆行
電話・ファックス 0985−39−0890
nagamochi@hasugaiketosou.com



お問い合わせページが別ウィンドウで開きます。匿名もOKです
         

このページの先頭へ