このページはISDN等比較的遅い回線を対象としています。光回線等の方はこちらからお入り下さい。

サイディングボード

旧塗膜との相性から、弱溶剤系二液ウレタン樹脂塗料を多用しています。一昔前のOP(オイルペンキ)は多分どこも使っていないと思います。6年以上前から使用していますが、耐候性その他大変優秀な塗料です。気をつけなければいけないのは、主剤9に対して硬化剤1の割合で混合しよく混ぜ合わせることです。『これくらいでいいか』といういいかげんな調合をすると塗料の性能を100%生かせないどころか塗装事故につながる危険もあります。そこで下写真の道具を使っています。


温度と湿度は、塗装しても良いかを決定する要件です 正確な計量は当たり前です
これは計ることとはちょっと違いますが温湿度計です。メーカーの塗料仕様書には、温度5度以下・湿度85%以上の時は塗装を避けて下さいとあります。天気予報では曇りなのに作業中に黒い雲が現れたらまずこれを見て、温度が下がり気味で湿度が急に上がっている場合作業は中断します。次に携帯のウェザーニュースで雨雲の動きをチェックし、継続か中止かを判断します。 上は20Kg秤で主剤を、下は2Kgデジタル秤で硬化剤を計量します。デジタルは1グラム単位で表示されますから本当に細かく調合出来ます。安心の道具です。
キシラデコール同士の混合で色を調色するときも重宝します。

西都市H邸
ちゃんと塗ればこんなことには 前回の塗装は約10年前だそうですが、激しいチョーキングと塗装ミスによる部分剥離が至る所に見られます。洗いながら手を壁にこすって、チョーキングが完全になくなっているか確認しながらの作業です。釘の浮き、割れの補修のあと乾燥期間をおき、下地調整剤のサフェーサー塗装後、二液ウレタン樹脂塗料を塗装標準仕様書の1.5倍の量をハケ、ローラーで塗装します



仕事のエリア   宮崎市及び周辺市町村
宮崎県宮崎市村角町北田82-1-201-14
蓮ヶ池塗装  嘉田隆行
電話・ファックス 0985−39−0890
nagamochi@hasugaiketosou.com



お問い合わせページが別ウィンドウで開きます。匿名もOKです

このページの先頭へ