このページはISDN等比較的遅い回線用として作っていますのでコンテンツは最小限にとどめています。
光等の高速回線の方はこちらをどうぞ。

破風の塗装

古い塗膜を完全に除去します

日光(特に直射日光)の紫外線による塗膜の劣化、木材乾燥によるヒビや節まわりの隙間への水の浸入、節から滲み出す樹液による塗膜のはく離等、その他にも錆釘や後付された金物によるもの、電気や電話の取り回しの問題、あるいは、木材そのものの接合部からの水の浸入により破風表面や内部が腐食していきます。ここでは西都のK邸での塗装前の作業を例に説明します。なお仕上げはSK化研のクリーンマイルドウレタン4回塗り(下塗り込み)です


塗装前にやっておくこと

  1. 不用な金具・釘・コードなどは外しておく。
  2. 高圧水洗浄で木の腐食部分を取り除く。
  3. 電動工具で破風の表面を平らでツルツルになるまで磨く。この工程だけで3〜4工程必要です。
  4. 釘の頭が錆びていれば、錆止めを2回塗り。
  5. 節は樹液が滲みだして塗膜を押し上げます。キシラデコール仕上げ以外の時は節を表面から5mm程度削り取り、プライマー塗布の後、塗装専科(可塑剤を含まないコーキング)で穴埋めします。最初の穴埋めから3日後に2回目のコーキングをします。これはコーキングが乾燥すると痩せるからです。
  6. 破風の接合部・ヒビ割れはVカットした後、節と同じ処理をします。
塗装前の破風

余計な物を外し完全ケレン

完全ケレン前の破風の状態
節はどこ?
完全ケレンの後、節をくりぬきウレタンパテを2回
節をくりぬいて白いパテを入れています。これは1回目です。(ウレタンパテ)
もう1回パテをあて、仕上げサンダーで表面をならします。

右の写真は別の建物の破風を研磨したものですが、右側の板が反っているのがわかります。これでも削る前はもっと反っていました。厚みの無い破風はどうしても反っていますので、電動工具を使って表面を削る時は特に慎重さを要します。

 水腐れがひどい部分は、ノミで削り取ったあと樹脂モルタルで補修しますがさらに広範囲に腐食が進んでいる場合は切り取って木材で補修します。どちらの場合も塗装後は、それとわかりません。

反った破風もこの様に完全ケレン


仕事のエリア   宮崎市及び周辺市町村
宮崎県宮崎市村角町北田82-1-201-14
蓮ヶ池塗装  嘉田隆行
電話・ファックス 0985−39−0890
                     nagamochi@hasugaiketosou.com
     
   

お問い合わせページが別ウィンドウで開きます。匿名もOKです 

このページの先頭へ